新着情報

第2回宮城県認定看護管理者ネットワーク研修会のご案内

2019年10月28日(月)

1.目的 宮城県内の認定看護管理者が、医療や看護を取り巻く社会情勢の変化に対応し、役割遂行していくために、地域におけるネットワークづくりと、管理能力の向上を目指す。

2.主催 宮城県看護協会・宮城CNA 

3.日時 令和2年1月11日(土)13:00~15:30 (受付12:30)

4.場所 宮城県看護協会会館・看護研修センター
    〒980-0871 仙台市青葉区八幡二丁目10-19 ℡ 022-273-3923

5.対象 認定看護管理者(講演会への参加は看護師長以上の方であれば認定看護管理者に限りません)

6.プログラム 
  13:00-13:30 総会
  13:30-15:30 講演会  テーマ「宮城における地域包括ケアの推進―看護管理の視点からの提言―」
講師 石原美和 先生(宮城大学看護学群教授)

7. 参加費 日本看護協会会員2,000円、非会員4,000円

8. 申込み方法 下記申込用紙を印刷してFAXにてお申込みください。
申込用紙はこちら(PDF)
Fax 022-276-4724(宮城県看護協会)

※申込締切 令和元年12月20日(金)必着
                          





台風19号による被害に係る対応状況について【第2報】

2019年10月18日(金)

現在、宮城県看護協会では、避難所3ヶ所について、災害支援ナースの派遣調整を行っております。
10月14日に宮城県から、「災害時における協定」に基づき、派遣要請がありましたので、日本看護協会とも協議し、県内派遣(レベルⅠ)の段階と判断し、災害支援ナース所属先の看護管理者の皆様にご協力依頼を差し上げました。
その後、甚大な被害から、県内対応では困難と考えて、日本看護協会に依頼し、近隣県からの派遣要請をし(レベル2)で対応予定です。
10月16日に2泊3日で派遣しているチームからは、被災者の方の健康チェックや夜間の健康相談などを行っているという報告が来ております。

○災害支援ナースとしての活動場所
10/16~  大郷町の避難所―1ヶ所   
10/18~  丸森町の避難所―2ヶ所   
○なお、JMATの一員として県医師会からの協力要請も受けており、10/16から日帰りでの派遣も開始しました。


◆情報提供
厚労省から通知がありましたので情報提供いたします。
災害に伴い、入院患者の一時的な急増または、被災地に職員を派遣したことにより職員が一時的に不足した場合は、患者・看護要員の比率について、変更の届出は不要となります。災害支援ナースの派遣をされる医療機関等においてもこの通知は適用となります。
詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/10200000/000557293.pdf

台風19号による被害に係る対応状況について【第1報】

2019年10月16日(水)

当協会の事業推進につきましては、日頃格別のご支援、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

宮城県では、10月12日の台風19号に対応するため、10月12日「宮城県災害対策本部」が設置されました。これを受けて当協会でも「宮城県看護協会災害対策本部」を設置し、県内の被害状況等の情報収集を行っております。
また、宮城県よりの派遣要請により、本日10月16日より大郷町の避難所に災害支援ナースを派遣しております。また18日から丸森町の避難所にも派遣予定で調整している所です。

今後災害支援ナースの派遣継続も見込まれますので、災害支援ナース登録者ご本人及び所属施設看護管理者の皆様、引き続きご協力をお願いいたします。

産科看護管理者交流会のお知らせ

2019年10月16日(水)

標記交流会は、「産後のメンタルヘルス」について東北大学病院の菊地紗耶先生にご講義いただき、また、情報交換では周産期医療や助産師を取り巻く問題・課題を共有する機会にしたいと考えています。
多くの皆様の参加をお待ちしています。



テーマ:(研修番号4130)産科看護管理者交流会
日 時:令和元年11月30日(土)13:30~16:00  
対 象:看護管理者・産科看護管理者(看護師長、副看護師長、主任、係長含む)
受講料:無料
会 場:宮城県看護協会会館・看護研修センター
申込期日:11月15日(金)

※詳細は下記をご覧ください。

チラシ
申込書

この交流会はアドバンス助産師【看護管理者】区分の更新要件「看護管理者研修」該当研修となります(ただし、看護管理者研修の更新要件時間数は120時間ですので、その旨ご承知おきください)。

ワーク・ライフ・バランス ワークショップ(10/18,19)は予定通り開催いたします

2019年10月16日(水)

標記につきましては、予定通り開催いたします。

詳細は宮城県ナースセンター(TEL 022-272-8573)までお問い合わせ下さい。

看護師職能集会【黒川地区】の開催延期について

2019年10月16日(水)

標記について10月19日の開催を予定していましたが、台風19号被災対応のため開催を延期します。
延期した日程については後日掲載いたします。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。

台風19号による被害へのお見舞い

2019年10月15日(火)

今回の災害で被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

【災害支援ナース及び所属長の皆様へ】
現在、宮城県看護協会では宮城県からの要請を受け、10月16日より約1ヵ月間(予定)の災害支援ナース派遣に向けて調整をしております。ご協力よろしくお願いいたします。

令和元年10月15日
公益社団法人宮城県看護協会
会長 石井幹子

保健師職能特別企画研修「AI(人工知能)時代だからこそ大切になる“保健師という仕事”」(10/19)開催延期

2019年10月15日(火)

標記について10月19日の開催を予定していましたが、台風19号被災対応のため開催を延期します。
延期した日程については後日掲載します。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。

「緊急母体搬送看護情報提供書」の改訂について

2019年10月11日(金)

宮城県看護協会助産師職能委員会では、これまで長年ご使用いただいた「緊急母体搬送申し送り書」をこの度改定し、「緊急母体搬送看護情報提供書」を作成いたしました。是非ご利用くださいますようよろしくお願いいたします。
また、ご多用のところ誠に恐縮でございますが、関係者の皆様に周知いただきますようお願い申し上げます。
なお、当情報提供書のご使用につきましては、下記PDF形式およびWord形式のものをご利用ください。


緊急母体搬送看護情報提供書(Word)
緊急母体搬送看護情報提供書(PDF)

働き続けられるための勤務環境改善研修会を開催いたします

2019年10月11日(金)

働き続けられるための勤務環境改善研修会を開催いたします。

ねらい:看護職が働き続けられる勤務環境改善のためための方策を知る

日 時:①令和元年12月 7日(土) 13:00~15:30
    ②令和元年12月14日(土) 13:00~15:30

場 所:①みやぎ県南中核病院 2F講堂 (柴田郡大河原町字西38-1)
    ②大崎市民病院 3F会議室   (大崎市古川穂波三丁目8番1号)

内 容:講義 
      「これからの看護職の賃金体系モデルを考える」
       (複線型人事制度と等級制度)
       〜多様な働き方とやりがいを支えるために〜
      講師 田林 義則 氏 (三友堂病院 理事)

対 象:医療機関の看護職・事務職

定 員:50名(各会場毎)

参加料:無料


申込みはこちらをご覧ください。
チラシはこちら(PDF)

「看護管理者のための災害看護マネジメント」受講者再募集のお知らせ

2019年10月10日(木)

本研修は「災害発生時に看護管理者として対応できる」ことをねらいに、今年度初めて企画しました。
宮城県の災害医療体制等について行政の担当者から、また国際医療福祉大学大学院の石井恵美子先生から講義をいただきます。
好評につき〆切を延長して受講者を募集します。多数の参加をお待ちしております。

テーマ:(研修番号1222)「看護管理者のための災害看護マネジメント」

日時:令和元年11月7日(木)10:00~16:00

ねらい:災害に対する組織的な備えができ、災害発生時に看護管理者として対応できる。

内容
1.宮城県の災害医療体制とDMATの活動について
2.災害時に必要な組織的な備え、災害訓練のあり方と災害看護教育
3.日本看護協会(宮城県看護協会)の災害支援活動と災害支援ナースについて

対象:看護管理者(看護師長相当以上)

受講料:会員3,000円、非会員6,000円

会場:宮城県看護協会会館・看護研修センター(仙台市青葉区八幡2-10-19)

申込方法:こちらの研修申込書を印刷、または「2019年度教育計画」冊子巻末の申込書(様式1)にてFAXまたは郵送でお申込みください。

締切日:10月25日(金)必着

申込先:FAX 022-276-4724
郵便番号 980-0871
仙台市青葉区八幡2-10-19
公益社団法人宮城県看護協会 教育部 宛