看護実践能力に応じた学習段階

標準クリニカル・ラダー(看護実践能力に応じた学習段階)

各研修の「レベル」は下記をご参照ください。

臨床能力項目 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4
看護実践能力
基本的看護技術提供から特殊・専門的・高度な看護実践能力
所属する看護職場の基本的な看護実践(基本的な看護技術、看護過程の展開など)ができる。 所属する看護職場で、日常的に必要とされる看護実践は、ほぼ単独で実施できる。 所属する看護職場で、高度な看護実践を行い、さらにモデル的な看護実践の教示をすることができる。 論理的知識と実践的知識を応用し、全人的でありかつ分析的看護を効率的に実施することができる。
組織的役割遂行能力
看護チームなどの最小組織から看護部、医療施設、地域、国内での看護職能団体の中での役割遂行能力
責任の最も軽い、難易度の最も低い、軽微な組織の役割を果たす。看護チームでは、フォロアーやチームメンバーの役割、病棟での係としては簡単なルーチンの係の役割を遂行できる。 所属する職場で、日常的な組織的役割が遂行できる。看護チームでは、チームリーダーやコーディネーターの役割、病棟での係としては、創造的能力を要求される係の役割を遂行できる。 所属する職場で、特殊なまたは専門的な能力を必要とされる役割、または指導的な役割(学生指導、業務改善係、学習会係、教育委員、リスクマネージメント係など)を遂行できる。 所属を超え、看護部や病院から求められる役割、成果の問われる責任の重い役割(ジェネラル・リスク・マネージャーなど)を遂行できる。
自己教育・研究能力
技術専門職としての自己の技能を高め、さらに看護への科学的追求を行う能力
自己の教育的課題を指導によって発見することができる。 自己の教育的課題達成に向けた教育活動を展開することができる。 自己の教育活動に積極的に取り組むとともに、教育活動について指導的な役割を実践することができる。 単独で専門領域や高度な看護技術等についての自己教育活動を展開することができる。組織的研究活動を実践できる。
日本看護協会編:「ジェネラリストの標準クリニカル・ラダー」について,平成17年版 看護白書,p.197-209,2003